TOEFL®テスト対策・留学コース

  1. ホーム
  2. コース一覧
  3. TOEFL(R)テスト対策・留学コース

総合対策&セクション・タスク別対策で効率よくスコアアップ

種類豊富なクラスと2つのレッスン形態

TOEFL(R)テストでは、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4セクションごとの技能が同じ割合で評価されるため、弱点セクションを持つと不利になります。このため、高得点を取るにはバランスよく力を伸ばしていくことが必要です。
日米英語学院では、TOEFL(R)テスト対策のスコア別総合対策クラスのほか、各セクション・タスクごとのクラスを設定しています。一人ひとりの弱点や、伸ばしたいセクションに焦点を当ててクラスを組み合わせることで、最適な対策を行うことができます。

種類豊富なクラスと2つのレッスン形態

TOEFL ITPテストが校内で受験可能

日米英語学院では、校内でTOEFL(R) ITPを実施しています。通学中の方はどなたでも受験頂けます(要別途受験料)。
TOEFL(R) ITPスコアには公的な効力はありませんが、国内大学の交換留学選抜試験として使用される場合があります。また、出題形式や採用方法はTOEFL(R) iBTテストに準じているため高い相関関係にあり、TOEFL(R) iBT対策としても有効です。

TOEFL ITPテストが校内で受験可能

上達の秘訣は「個人別カリキュラム」

日米英語学院では、カウンセリングにて一人ひとりの目標TOEFLスコアやご希望をおうかがいし、その内容とレベルチェックの結果をもとに、あなただけの「個人別カリキュラム」を作成します。
弱点を分析し、必要なクラスだけを組み合わせるので、効率よく英語力を上げることができます。

個人別カリキュラムの例

  • Aさんの場合

    目標TOEFL80点!スピーキングとライティングが苦手

    Aさんの個人別カリキュラム

    Point
    苦手なスピーキングとライティングを集中的に対策するため、1体1のプライベートレッスンで受講。スコアがなかなか伸びないリスニングはグループレッスンで組みました。
  • Bさんの場合

    ホームステイに必要な会話力を身につけたい

    Bさんの個人別カリキュラム

    Point
    留学出発までの期間を利用してできるだけ英会話力をつけたいBさんには、2ヶ月間の短期集中プライベートレッスンをご提案しました。出発前にしっかり英会話に慣れていきましょう。

同じTOEFL®テスト・留学コースでも内容はこんなに異なります

日米英語学院受講生のTOEFL® iBTスコア状況

グラフはTOEFL(R) iBTを受験した受講生のスコアアップ状況を表しています。最も多いのが10~19点で、全体の38%を占めています。20点以上の大幅スコアアップ達成者は29%となっており、中には30点以上の方もいます。
TOEFL(R) iBTは4セクションが同じ割合で評価されるため、苦手なセクションを克服することがスコアアップの重要な鍵となってきます。
日米英語学院のTOEFL(R) テストコースでは、スコア別クラスに加え、セクション別・タスク別クラスを設定しており、効率よく、そしてバランスよくスコアを上げることができます。

日米英語学院受講生のTOEFL(R) iBTスコア状況

TOEFL®テスト対策・留学クラス例

  • 資格クラス
  • ・Pre TOEFL®テスト / 61・80・100
  • ・TOEFL® iBT 61・80・100
  • ・TOEFL® iBT Speaking Integrated
  • ・TOEFL® iBT Speaking Independent
  • ・TOEFL® iBT Writing Integrated
  • ・TOEFL® iBT Writing Independent
  • ・Note Taking ほか
  • ベーシック/セレクトクラス
  • ・時事英語
  • ・ディスカッション
  • ・Reading In(1~4)
  • ・Linking & Reduction
  • ・English for Presentations
  • ・English for Meetings
  • ・即答練習 QRD(1~3)
Pre TOEFL®テスト
TOEFL(R)テストの初級者向けクラスです。 テスト形式から時間配分、出題の傾向の説明など、TOEFL®テストを初めて勉強する方には必須の内容となっています。
TOEFL® iBT 61・80・100
TOEFL(R) iBTの4セクションのうち、リーディングとリスニングセクションの対策を行うスコア別の総合クラスです。各レベルに応じた傾向と対策をしっかり掴むために実践問題を多くこなし、またTOEFL(R)テスト対策独特のアカデミックな内容に馴染めるように、様々な分野の問題を解いていきます。
TOEFL® iBT Speaking Integrated
TOEFL(R) iBTのSpeaking Section 「Integrated Task(複合課題)」 の対策を行うクラスです。Integrated Taskには1~2分の会話や講義を聞いて解答するものと、英文の1節を読んでからディスカッションや講義を聞いて設問に取り組むものがあり、どちらもアカデミックなトピックで、内容に基づいた解答が求められます。このクラスでは、「読む」「聞く」「話す」力を総合的に強化していきます。
TOEFL® iBT Speaking Independent
TOEFL(R) iBTのSpeaking Section 「Independent Task(単独問題)」 の対策を行うクラスです。Independent Taskでは、日常的な質問や、受験者の好みに対して、意見や理由を述べる問題が出題されます。このクラスでは、決められた時間内で自分の意見をまとめ、正しく伝えられる力を身につけていきます。
Note Taking
長文のリスニング問題を解く場合、全ての言葉を書きとめようとするのではなく、要点をいかに的確にメモに取れるかが重要になってきます。このクラスでは、要点の押さえ方を学び、効果的なメモが取れるよう学習していきます。TOEFL(R)テスト対策としてだけではなく、留学先での授業や、その内容をレポートするような際にも役立ちます。