英検準2級・2級対策クラス

  1. ホーム
  2. 英検準2級・2級対策クラス

「世界の英検」ではなく「世界のEiken」と表記しているのは何故でしょうか?

なぜ「世界のEiken」なのか?そのヒントは2020年にあります。
1つは「東京五輪」、そしてもう1つは「大学入試」です。
前者は世界各国から多くの人が集まるイベントとして、英語の需要が以前にも増して高まっています。
後者は、今後日本を担う若者たちに、現在から2020年、そしてそれ以降も影響してくるであろう、大きな英語教育の変化です。
日米英語学院では、2020年に向けた今このときが「今後日本人の英語力がどうなるか」を決定づける重要な転換期であると捉えています。

今だからこそ必要な英検

この転換期にいかに適応していくべきなのか?

この大きな転換期に適応する術はたくさんあります。海外留学はその代表例と言えるでしょう。
どの方法も良さはありますが、その中でも英検はどの業界でもプラス評価される強力な資格であり、国内外の進学にも役立つ希少な資格です。また英語の4技能(読む・話す・書く・聞く)を測定するため、より実用的な英語力の証明になります。
極端なことを言えば、英検合格者は二次面接までやりきっているので、程度の差こそあれ、英語で会話することができるということなのです。
ここでは、英検2級と準2級のクラスに各セクションの効果的な勉強法を絡めながらご紹介します。

この転換期にいかに適応していくべきなのか?

英検2級・準2級クラスのご紹介

資格対策Vocabulary 初級・中級
英単語とその日本語訳を単純に丸暗記するのではなく、その単語が文章の中でどのような意味を持っているのか、また覚えた語彙がしっかり使えるのか、というところまで落とし込んで授業を展開していきます。
基礎文法
名前の通り、基礎的な文の構造を学ぶクラスです。「一通り知っているから問題ない」という方も、受講をおすすめする場合があります。理由は「分かる」と「出来る(解ける)」は違うからです。得点の源になり得る要素なので、改めて各事項を押さえましょう。
Reading in 1・2
文章を理解するためには、(1) 文法事項、(2) 語彙力が必要です。しかし、資格対策の場合これでは不十分で、この2つの要素に加え、(3) 解答力が必要になります。
このクラスでは、多様なテーマをこなすことで解答力に磨きをかけます。テクニックの面で解く練習から、地の解答力を向上させる練習など、「解答力」をテーマに幅広く対策を行います。
ライティング
各級のテーマに即した内容で授業を展開します。苦手意識が強い方は一文から書く練習を。上の階級を目指す方は、書いた内容を授業内で見せ合い、他の受講生の表現力や意見を吸収し、テーマの解釈の幅を広げます。文章構成能力は後の会話対策にも繋がるので、スピーキングで行き詰っている方にもおすすめです。
準2級・2級 総合対策
リスニング、リーディング、ライティング対策総まとめ。「ここから始めて簡単に対策・・・」と想像した方、ここまでの授業紹介を見て頂ければ分かる通り、基礎基本は必ずあります。何に関しても基礎をおろそかにしては伸びません。しかし部分的な対策と並行して取り組めるのも日米英語学院の特徴。総合対策の前に一度ご相談ください。
Quick and Response Drills 1・2
スピーキング対策の基礎力に繋がります。特に日本語から英語に変換する癖からの脱却を図ります。またスピーキングは質問とそれに対する受け答えが基本です。質問、返答を繰り返して会話の基礎力を磨きます。
二次面接対策
時間配分、テーマ、緊張感、全てを本番さながらの内容で対策します。「本番の再現」ができるのも、英検1級保持者の先生を採用しているからこそです。

変化が多様な時こそブレない基準を持って学習し学ぶことが大切

今だからこそ必要な英検

「ブレない基準」、その基準を担うのがEikenだと考えており、「英検」表記では日本のみに収まる資格になってしまいます。海外から認められる資格へ、そこには日本人の英語力を裏打ちする証として「Eiken」表記と基準が必要と考えます。また逆に外国人が「日本の英語力証明するためには?」と連想した時に「Eiken」となる日が来ると想像しています。そんな将来を想定し、日米英語学院では「Eiken」を目指される方を個人別カリキュラム×担当制で応援させて頂きます。
1つでも「何か」を感じられた方、今からが将来に向けて動く契機と捉え、カウンセリングを通して私たちに是非やる気と将来をお預けください。皆さんにお会い出来ることを心よりお待ちしております。