おすすめ単語クラス

  1. ホーム
  2. おすすめ単語クラス

英語上達のカギは単語力にあります

資格勉強をされる方は、ボキャブラリーなど英語の基礎知識の不足や基礎的な理解で悩むことがあります。例えば、

  • 語彙を増やしたいが、丸暗記はつらいし、覚えたと思っていてもすぐ忘れてしまう
  • 基本動詞の基本的意味がよくわからず、本来の意味が知りたい
  • 前置詞がよくわからず、「前置詞ってなんだろう」といつも気になっている
  • 日本人の英語は文法には忠実だけど、ネイティブスピーカーに不自然に聞こえると言われる

人気講師浜田先生の単語クラスで単語力アップ

これらの悩みをお持ちの方には新宿校人気講師の浜田先生の単語クラスをおすすめです!
初めての方には、最初は難しく感じられますが、どれを学習しても英語ネイティブスピーカーの発想方法がわかります。 英語は日本人にとって難攻不落な城のように感じられますが、どのクラスも、「英語城」の本丸突入の突破口を開けてくれます。英語の本来の姿を見つけましょう。

Word Roots

単語の語根について学んでいくクラスです。長くて、難しい単語は「接頭辞+語根+接尾辞」という合理的なシステムで構成されています。長い単語を構成要素で分解し、システムとして理解すれば記憶に定着します。150のルート、20の接頭辞、30の接尾辞を駆使してネイティブなみの語彙を獲得しましょう。この学習法を身に付ければ、ほとんどの単語の意味が推測できるようになります。

Phrasal verbs

20の基本動詞と36の前置詞について学んでいくクラスです。英語のphrasal verbsとは、句動詞のことで、動詞と前置詞から構成されます。ネイティブスピーカーはは、つねに「基本動詞+前置詞/副詞」の形で表現しますが、日本人は「基本動詞」だけで終わらせてしまい、前置詞あるいは副詞を後ろに付けることを考えません。phrasal verbsを理解し、慣れると、リスニング能力の向上とともに、スピーキングも楽になります。

Prepositions

このクラスでは36のprepositions(前置詞)の基本的意味と発展的意味を理解します。英語の前置詞は動詞に「力と方向」をあたえるものであり、「動詞+前置詞」、「前置詞+名詞」で意味を広げていきます。

Collocations

Collocationとは連語のことです。こちらのクラスでは、より自然な単語のつながりを勉強することにより、自然なスピーキング、ライティングができるようになります。例えば、次の表現はどれも左側よりも、右側の方がより自然です。

  • very ashamed → deeply ashamed
  • very opposed → strongly opposed
  • very ridiculous → utterly ridiculous
  • very successful → highly successful

講師紹介

浜田先生

浜田先生

浜田先生は基礎英語からTOEFL(R)テスト、GRE(R)に至るまで幅広くレッスンを行っています。専門分野である英単語語源の解説はまさに目からウロコ!!ボキャブラリー不足でお悩みの皆さん、是非浜田先生にご相談ください。また、豊富なビジネス経験をお持ちなので、実践的なビジネス英語の指導にも定評があります。